2013年04月10日

カリってこんな所


カリってどういう所?
Caliと書きます。

カリは通称です。
正式名称サンティエゴ・デ・カリです。
Santiago de Caliと書きます。

でも、コロンビア全国どこでもカリで通じます。

バジェ・デル・カウカ州の州都です。
「カウカ川の谷」という意味なんです。
バジェ・デル・カウカの意味↓こちら↓
http://colombia-dora.sblo.jp/article/61386550.html

以前紹介したトゥルアもこの州です。



スペイン語のウィキペディアです。
カリの地図
http://bit.ly/11PS59N

左上の地図がコロンビア全図です。
その中の赤い所がバジェ・デル・カウカ州です。

太平洋に面していることが分かりますね。

大きい地図がバジェ・デル・カウカ州で、赤い所がカリです。



コロンビアの中で、首都ボゴタメデジンに次いで
3番目に人口の多い都市です。

標高1000メートルのため、気候は日本の真夏です。
熱帯なんですね。

でも、日陰に入ると涼しいです。
日によっては日陰に居ても暑いですが…。



コロンビアで一番サルサが盛んな町として有名です。
このサルサ、日本では高速サルサと言われます。
が、こちらでは普通の速さです。

ディスコがいっぱいあります。
踊る人がいっぱい。
毎晩、新しいが始まる情熱の町です。


メデジンに並んで、美女も多いんですよ。

posted by 船橋のドラえもん at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 町紹介

2013年04月09日

アニメの店の皆さんとさらに進展が


前回、こちらコロンビアトゥルアのアパート前の
日本アニメグッズなどを売っている店の人達と仲良くなった
と、話しました。
http://colombia-dora.sblo.jp/article/64651503.html

その後、さらに進展があったんですよ。


私が自宅の玄関で、鳥の糞掃除をしていたんです。
そしたら、アニメの店から3人の男女が来ました。

彼らは流ちょうな日本語で挨拶してくれたんですよ。


後で、こちらから店に伺ったら、一人は日系の女性でした。

彼女はカリの町の大学で日本語を教えているそうです。
この店には、2週間に1度くらいの割合で
日本語を教えに来ている。
とのことでした。

先生だったんですね。

すぐに仲良くなれました。
日本とコロンビアを結んでいく計画
より現実性を帯びてきました。



トゥルアってこんなところ
http://colombia-dora.sblo.jp/article/61386550.html
posted by 船橋のドラえもん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 懸け橋

2013年04月08日

仲良くなれました


こちらコロンビアトゥルアのアパートの前に
日本アニメグッズなどを売っている店があります。

アニメ好きの老若男女が集まる店です。

日本語を話したりもしています。
だから、前回彼らと少しだけ話したんです。


今回、コロンビアに戻った時、彼らへ
少年ジャンプお土産に持っていきました。
すると、大喜びしてくれました。



新しいソファーベッドを購入したんです。
それが重くてなかなか2階の部屋に入れられない。
その時、彼らが手伝ってくれました。

そこで、スペイン語版の犬夜叉をあげました。
これまた喜ばれました。


おかげさまで仲良くなれました。
日本とコロンビアとの懸け橋になる。
それは私の念いの一つです。



トゥルアってこんなところ
http://colombia-dora.sblo.jp/article/61386550.html
posted by 船橋のドラえもん at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 懸け橋