2013年04月17日

ボゴタってこんな所


ボゴタってどういう所?
Bogotáと書きます。



ボゴタはコロンビアの首都です。
首都州クンディナマルカ州にあります。



ボゴタの名は
原住民ムイスカ族系のボゴタ族
ボゴタからきています。



日本語のウィキペディアです。
ボゴタの地図です。
http://bit.ly/YRuEgG

右上の地図がコロンビア全図です。
その中の緑の所がクンディナマルカ州です。

大きい地図がクンディナマルカ州で、
赤い所がボゴタです。



コロンビアの中で、最も人口の多い都市です。
おおよそ800万人です。
東京23区と同じくらいですね。


人口が多いのは
以前あった、麻薬カルテルのせいです。
土地を追われた人々が、皆ボゴタに来たせいです。


1980年代から麻薬カルテルは暴れまわりました。
1990年代は世界一治安が悪かったようです。


1991年に国を変えようと名前を
Santa Fe de Bogotáサンタ・フェ・デ・ボゴタ
に変えました。


アメリカが麻薬カルテルのほとんどを捕まえました。
そこで、名前をボゴタに戻しました。



標高2600メートルのため、気候は日本の春です。
亜熱帯(温帯)なんですね。

初めて、ボゴタに泊まった夜、
あまりの寒さにあたたまろうと
部屋にあったビールを全部飲んだ記憶があります。
寒い中、冷たいビールでは全然酔いませんでした。



電車は無いんです。
メデジンにはあるんですけどね。
メデジンのメトロ

そこで、2000年に連結バスミレニアムを作りました。
これで、雇用が生まれたんです。
コロンビア経済が上向いてきたんです。

今度、地下鉄を作る計画を再着手するそうです。



メデジンカリの人々とはライバル意識が強いです。

メデジンカリでは「ボゴタ」を「バカ」の意味で使います。



ここトゥルアではそんな意味にはしません。
posted by 船橋のドラえもん at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 町紹介

2013年04月10日

カリってこんな所


カリってどういう所?
Caliと書きます。

カリは通称です。
正式名称サンティエゴ・デ・カリです。
Santiago de Caliと書きます。

でも、コロンビア全国どこでもカリで通じます。

バジェ・デル・カウカ州の州都です。
「カウカ川の谷」という意味なんです。
バジェ・デル・カウカの意味↓こちら↓
http://colombia-dora.sblo.jp/article/61386550.html

以前紹介したトゥルアもこの州です。



スペイン語のウィキペディアです。
カリの地図
http://bit.ly/11PS59N

左上の地図がコロンビア全図です。
その中の赤い所がバジェ・デル・カウカ州です。

太平洋に面していることが分かりますね。

大きい地図がバジェ・デル・カウカ州で、赤い所がカリです。



コロンビアの中で、首都ボゴタメデジンに次いで
3番目に人口の多い都市です。

標高1000メートルのため、気候は日本の真夏です。
熱帯なんですね。

でも、日陰に入ると涼しいです。
日によっては日陰に居ても暑いですが…。



コロンビアで一番サルサが盛んな町として有名です。
このサルサ、日本では高速サルサと言われます。
が、こちらでは普通の速さです。

ディスコがいっぱいあります。
踊る人がいっぱい。
毎晩、新しいが始まる情熱の町です。


メデジンに並んで、美女も多いんですよ。

posted by 船橋のドラえもん at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 町紹介

2013年01月11日

トゥルアってこんな所


トゥルアってどういう所?
Tuluáと書きます。


á(ア)の部分は強く言うんです。
だから、トゥル・アという感じになります。


いつも話に出てくるトゥルア地図
スペイン語ウィキペディア地図です。
http://bit.ly/YK6x2k


左上がコロンビア全図です。
赤い部分がバジェデルカウカ州です。
大きい地図がバジェデルカウカ全図です。
海老茶色の濃い所がカリです。
右上の鮮やかな朱色部分がトゥルアです。

けっこう大きい町でしょう。



南にいくほど赤道に近いんですよ。
国のほとんどは北半球なんです。


となりのエクアドルの首都キトに赤道が通っています。
そこより南の地区は南半球です。

エクアドルってスペイン語で赤道っていう意味です。



トゥルアは州都カリバジェ・デル・カウカ州にあります。
ちょっと大きな町なんですよ。

Valle del Caucaと書きます。

Valleの部分は
バジェ
バリェ
バイェ
のどれでも発音はOKです。
バジェと言う人が多いようです。


カウカは太平洋にそそぐ川の名前です。
だから
カウカ川の谷」という意味の県です。



南米の気候は標高で決まると言っていいでしょう。
トゥルアの標高は1000メートルくらいです。

箱根芦ノ湖(水面の標高, 723m)の湖岸に
東京タワー(333m)を建て、
そのタワーのてっぺんくらいにある町ですね。

日本の真夏のようです。
でも、おおきな違いがあります。

それはジメジメしていないということです。
だから、夜は涼しくなることが多いです。



ここの人々の自慢

・どこよりおいしいものがいっぱいある
 というのですが・・・

ここのアレパメデジンで見かけたことのない物でした。
朝から道端で焼いているんですよ。
で、中に何かを挟む。

メデジンは道端で焼いているのを見たことがありません。
何かを挟むのも見たことがありません。



DSCF1249.jpg


La 27という店のアレパです。

写真の右はポジョ(鶏肉)を挟んだもの、
写真の左はケソ(チーズ)を挟んだものです。


この店は安くておいしいんです。
これ全部で150円くらいです。
だからいつも客さんでいっぱいです。



何かを挟んだアレパをさらに焼いたものもあります。

焼く名手がいるんです。
そんな人が焼いてくれたものはとてもおいしいです。



メデジンのアレパの写真はこちら
http://blog.livedoor.jp/tadahide69/archives/65070587.html



・小さな町で、メデジンより知り合いを作りやすいです。
 どんどん知り合いが増えていますよ。



あなたもいかがですか?
posted by 船橋のドラえもん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 町紹介