2013年04月25日

コロンビアの人は辛いものが好き?


友人とチャットしていたら、
コロンビアに対する勘違いを発見したよ。

これからみんなの勘違いをしょうかいして
正しい情報をお伝えするね。



今回はみんなのコロンビアのイメージへの勘違い
その1だよ。



友人はこう思ったんだ。

コロンビアは赤道に近い。
だから、暑い
暑い所の人は辛いものが好き。

だから、コロンビアの人々は辛いものが好きだ。
コロンビア産タバスコみたいのもあるし。

あなたもそう思っていない?


私も以前はそう思っていたよ。



でも、思い出してほしい。
コロンビアは標高で気候が決まるんだったよね。

これらを読んでみてほしい。

カリの様子
トゥルアの様子
メデジンの様子
ボゴタの様子


今まで紹介した所で、カリトゥルアは暑いよ。


ところがね。
トゥルアレストランテに入っても
この辛いソースはほとんど見かけないんだよ。


お尻が痛くなるから、食べないんだそうだ。
お尻が痛くなるのを覚悟した時だけ
食べるんだそうだよ。


ほとんどのコロンビア料理の味はマイルドだよ。
だから、和食の一部は受け入れられるよ。



この辛いサルサ(ソース)はほとんどが輸出されてる。
地元に人々が食べることはまずないんだよ。


スーパーに行くと売ってるんだよ。
でも、買っている人を見たことがない。

日本の南米食料品店では売れているんだよね。
それは、コロンビアの人以外が買っているらしい。


意外だったでしょ。



こんな勘違いもお届けするよ。
チャオ!

posted by 船橋のドラえもん at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勘違い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65518886

この記事へのトラックバック