2012年12月24日

クリスマスで食べるところが・・・


今、こちらコロンビアはまだ23日だ。

明日はクリスマスイブ親戚が皆もう集まりだしている。
仕事より、明日、みんなで教会に行ったりする方が大事だ。


日曜日とあいまって、開いている店がほとんどない。
レストランも例外ではない。

しかも、昼飯も特別料金になっている所が多いようだ。
そうでないところで、おいしい所は客でいっぱいだ。



最近、行くようになったレストランがある。
トゥルアの本拠地から歩いて、1分ほどの所だ。
Nata

サンコチェという鶏とトウモロコシといものスープ
タマルという、トウモロコシ粉に色々なものを入れた料理
セド(豚)やバカ(牛)のアサド(焼肉)、
ポジョ(鶏)の煮たものや焼いたものがおいしい。



ここ、本拠地には冷蔵庫がない。
毎朝、クーラーボックスに入れる氷を手に入れる。

その時、レストランの前を通る。
すると、朝からいい匂いが香ってくるのだ。

外で、大鍋でスープを調理しているからだ。
が、今朝は大鍋二つもつかって調理していた。

ここも人気店なんだなとすぐに分かった。


冗談抜きで、本当においしいんだ。
店員さんの心遣いも行き届いている。
これで安いときたから、客が多いわけだ。



みんなに食べてもらおうと、別の店に行くことにした。

色々歩き回った。
が、どこもしまっているか、特別料金かだった。
結局、いつものレストランにもどってきた。

ちょうど、食事客がひけたところだった。
開いている席が5卓あった。



今日はサンコチェとペチュガだ。
今日は鶏ホルモンのサンコチェだ。

今日は持ち帰りの注文も多い。
鍋一杯、サンコチェを買っていく人が何人もいる。

食べられて良かったよ。

あなたもコロンビアに遊びに来ませんか?
タグ:クリスマス
posted by 船橋のドラえもん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61138275

この記事へのトラックバック